Array ( )

真壁づくりに英国インテリアが融合した風格のある家WORKS DETAIL

四季の景色と、趣味の楽器演奏で人生を豊かに

随所に取り入れたブリティッシュテイストがすてきなKさんの家。重厚感のある家具にタータンチェックのファブリックなど、どのインテリアもひのきの空間にマッチしています。イギリス好きが高じて、ドアノブや照明は現地調達というこだわりぶり。洗面所の壁紙は、大胆な色づかいが印象的です。
長年暮らした東京から、地元関西への帰郷がきっかけとなった家づくり。人生の最後までを、楽しんで暮らせるような家にしたい。そして、独立した3人の子どもたちが家族を連れて帰省したときも一緒に楽しめる家にしたいと考えました。奈良の四季を眺められるよう、若草山や東大寺が見える位置に窓を設置。LDKの延長線上に設けた和空間は、趣味の篠笛やアイリッシュハーブの稽古の場に。生活のすべてを完結できるように、1階にも洋間を確保するなど、リタイア後の生活も計算しています。2階にはKさんが子どもの頃から憧れていた、壁一面の本棚を実現。小屋裏収納の一部に畳を敷き、窓からの景色を静かに眺める癒やしの場にしました。
「ペレットストーブが本格稼働する冬の訪れが待ち遠しい」というKさんの楽しみは、若草山の山焼きを眺めながら、カウンターテーブルで一献を傾けること。「自画自賛」のホームベースで、家ごもりを楽しみたいのだそうです。

OUTLINE

お客様名 K様
所在地 奈良県
家族構成 夫婦(子ども3人は独立)
竣工年月 2019年3月
延床面積 152㎡
敷地面積 60.11㎡

VOICE

「国産ひのき」「木の家」で検索したときヒットしたのがサイエンスホームとの出合いでした。さっそく展示場を訪ねると居心地が良く、すっかり夢中になっていました。見学したのは東京の展示場ですが、予定地は奈良。東京にいながら奈良の家を手掛けるという、内容の濃い一年になりました。思いを伝え図面に起こし、何度も話し合いに応じていただきました。満足の家を建てられたのは、かかわってくれたすべての関係者様とのご縁のおかげです。この家を拠点に、ますますの良縁を広げていきたいと思っています。

GALLERY

OTHER WORKS

ドライフラワーが空間を彩る木のぬくもりに安らぐ家

サーファーが楽しむ家

アンティーク家具が活きる古民家のような家