Array ( )

みんな一緒もプライベートも心地よい二世帯の家WORKS DETAIL

互いの領域を上手に分けて、気兼ねない日常を

大屋根がインパクトあるネイビーの一軒家。室内はエボニーカラーで渋みを効かせた落ち着く印象です。両親と同居の二世帯住宅を実現したMさん夫妻。中学生の息子さんと、賑やかながらもそれぞれが心地よく暮らせるよう、工夫を凝らした家が完成しました。
「二世帯なので各々のプライベート空間を確保したい」と、1階のリビング階段から南側の空間を分け、両親が気兼ねなく過ごせる洋室と和室を設けました。2階はMさんと息子さんの部屋に加え、勉強やパソコンなどができる共有のフリーコーナーも。「カウンターで、息子と勉強しながら読書も楽しみたい」と言うMさんが、世代ごとの生活ペースを確保する気遣いのひとつです。「友達が泊まれるスペースが欲しい」と息子さん。寝室から離れた場所に小屋裏収納を広く取り、ボーイズトークを楽しめるようにしました。家族それぞれの部屋は、好きな色のアクセントクロスで遊び心をプラス。LDKはみんなが心落ち着く色合いにまとめました。
「マイホームのお披露目パーティーでは親戚一同が集まり、みんなにうらやましがられましたよ!」と、うれしそうなMさん。「もう一度家を建てることがあれば、またサイエンスホームさんにお願いするだろうな、と確信しています」。

OUTLINE

お客様名 M様
所在地 鹿児島県
家族構成 夫婦+子ども1名+両親
竣工年月 2018年11月
延床面積 137㎡
敷地面積 225.17㎡

VOICE

不動産業の夫が仕事を通じてサイエンスホームを知り、「一度見てみて欲しい」と、家族で展示場を訪ねました。家の中は、木の香りがふわり。ログハウスの様な柱や梁が出ている木に囲まれた内装で、その温もりにみんなが癒やされました。寒い冬の日に行きましたが、室内がとても暖かく驚きました。夫同様、みんなとても気に入り、マイホームをお願いすることになりました。関係者すべてが良い方ばかり。理想のマイホームが完成し、サイエンスホームさんで建ててよかったと強く思っています。

GALLERY

OTHER WORKS

光と風が行き渡るオープンリビングのひのきの家

クリスマスキャロルが響く家

両親からの愛情を新しいスタイルで次世代につなぐ家